東京都心部には、出版社が集中しています。
そのため、出版業界で仕事をしたいと考えるならば、東京への進出も視野に入れる必要があります。
東京の中でも文豪たちにゆかりがある池袋では、出版社が数多く見つけられます。

出版業界に参入するには、バイトからでも仕事の経歴を持っておいたほうがいいでしょう。
出版社では、編集作業などを手伝ってくれるスタッフを探しているため、探してみると出版社が出している求人を見つけることが出来ます。
ただし、出版社における仕事はデスクワークだけに留まらず、体力勝負であるような仕事内容も多いです。
オフィスでの作業だけでなく、作家との長時間に渡る打ち合わせや原稿の受け取りなど、地道な仕事も多くあります。
忍耐力を必要とする作業も多く、出版社での仕事は華やかなイメージとは違うかもしれません。

出版業界は大きな変革の時期にあり、職場環境は必ずしも恵まれていないというのが現状です。
しかしそれでも、日本の出版業界をリードしてきた一角である池袋で、憧れの仕事に一端でも関わる事ができるというのは、魅力的な働き方でしょう。
また、一つの出版社でスタッフとして働いているうちに、出版業界の中で人脈を築いていく事ができるようにもなるでしょう。
そうすれば、将来の出版分野での仕事のチャンスも、バイトを通じて獲得しやすくなります。
池袋での出版社の仕事から、出版業界へデビューするきっかけがつかめます。